2018年04月24日

昔の食器に魅せられて

75A8E1EA-F15F-49B0-A1C0-44CD14A99632.jpg

もう食器は必要最低限しか買わないつもりでしたが、

変化が欲しくて古いお皿を買いました。


ところどころシミのような汚れやボツボツがあります。

明治から大正頃に作られたらしいです。


すでに大量生産されるようになり、転写(印刷)らしいのですが

ひとつひとつ手作業したものだそうです。

そんな知識などまったく無く(気にしてない)

でも皿を裏返して見ると


EE2310FD-2C64-40DD-BC04-384569F1B418.jpg

手が触れたのかインクが擦れてところどころ青くなっています。

なるほど。。。と思いました。


裏にも模様を入れるなんて、昔のほうがシャレてますよね。


ちょっと楕円形で淵や表面の凸凹してる感じが可愛くて買いました。

なんとなくいいな、好きだなという感覚だけで選びました。


今までは百均とか粗品や誰かからもらった食器のみで過ごしてきたので

それよりは高いとは言っても数百円です。


骨董。。。と言えるほどのものではないと思います。

普通に昔の人が日常的に使っていた古いこのお皿、気に入っています。


今のお皿よりずっと重いですが、レンジも食洗機もOKだそうです。

金色とか色を塗ったのはダメらしいですが、

かなり丈夫らしいです(全てではないと思いますが)


気に入ったお皿を一枚買って、それに盛り付けするだけでも

おいしそうに見えて、愛着が増すというか、

大切には扱いますが、気に入ってるからこそ毎日使おうと思います。

スポンサーリンク


posted by ユメ子 at 21:59 | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク